酵素ダイエットのやり方

酵素ダイエットは、賛否両論のダイエット方法ですが、基本的には、上手なやり方、つまりプチ断食の一環として酵素ダイエットを取り入れることで、効果が出るダイエット方法です。また、この酵素ダイエットは、ダイエット中の効果はさておき、リバウンドしにくいダイエット方法としても有名です。

酵素ダイエットで痩せない理由

「酵素ダイエットでは痩せない」と嘆く方もおおいですが、酵素ダイエットを否定されている方は、おそらく、通常通りの食事をしている、あるいは、減量したい体重がかなり多い可能性があります。

そもそも、1kgの体重を痩せる際に必要なkcalは7200kcalほどと言われています。一方で、大人の1日に必要なカロリーは1800kcalくらいです。単純に4日間、何も食べないとしても、1kgしか痩せないのです。知り合いで10日間の断食を断食道場でした男性がいますが、この男性曰く、「まさにこの計算通りで、それ以上は運動をしない限り、減らない」。また、この男性は面白いことを言っていました。「せっかく10日も食べ物を食べないなら、最大限効果を出したいよね。つまり、3kg痩せたいよね。でも、腸内環境が悪かったり、ストレス抱えて断食すると痩せるものも痩せないんだよね。」と。

こんな時に登場するのが、「酵素」なんだそうです。断食は食事を取らないわけですから、断食の期間にもよりますが栄養不足になる可能性も高いです。そこで、フルーツや野菜に含まれる酵素を活用するのです。酵素を飲めば、ある程度の栄養不足は防げます。

また、断食は食生活の見直しにも有効で、断食が終わっても、リバウンドしにくいようです。先程の男性は、10日間の断食に1日10km歩いたことで、合計5kg痩せました。今、断食後ちょうど半年になるのですが、体重をキープしています。

プチ断食についての誤解

さて、先程の男性のように10日間の断食をダイエットした人全員ができるわけではありません。断食道場に行く時間もなければ、毎日10km歩くような時間もないと思います。「でも、痩せたい。。」 そんな方には、プチ断食と酵素ダイエットのコンビネーションをお勧めします。最初にご理解しておいていただきたいのは、「単純に4日間、何も食べないとしても、1kgしか痩せないのです。」ということです。数か月に渡り、ゆっくりとダイエットをしていける人だけが、このプチ断食と酵素ダイエットのコンビネーションで、結果が出ることだけは、念頭に置いていただければと思います。

プチ断食の実施

では、どのように行うのか。土日がお休みで、土日はゆっくりできるOLさんという前提でお話を進めていきます。

プチ断食であっても、1-2日食べないのは、慣れない方だと結構きついです。特に2日断食する方は、2日目は地獄です。(長期間断食をやる方でも2-3日目が一番きついそうです。) なので、地獄を見ないように、木曜日あたりから、食事の量を少し減らして、胃腸に準備態勢を取らせます。週末で最大の効果を出したいのであれば、金曜日の夜から食事を酵素ドリンクに置き換えます。難しければ、金曜日の夜は果物だけというのもいいかもしれません。

そして土曜日の朝から日曜日の朝までは、食事を完全に酵素ドリンクに置き換えます。日曜日の昼も酵素ドリンクに置き換えてもいいのですが、その場合、日曜日の夜に食べる回復食は、おかゆなど胃腸をびっくりさせないものにしてください。また、月曜日の朝も普段の朝食より少なめの量にしてください。これも胃腸をびっくりさせないためです。

この段階で、あなたの身体の状態と酵素の効き目にもよりますが、酵素による腸内環境の改善で、便秘解消になっていることもあります。また、運が良ければ、宿便という黒っぽい便も出る可能性があります。この宿便がでると、便秘は多少楽になってくると思います。