酵素ダイエットで体内の毒素が出るのはなぜ?

128230

酵素ダイエットと耳にすると手軽に痩せられるダイエット法というイメージを持たれることでしょう。しかし酵素ダイエットの効果は決してそれだけではないのです。

お腹周りの脂肪が分解されるのは、実はこれ、デトックス効果が働いていることの表れでもあります。そのため痩せるというのはその結果の一部にすぎず、他にも代謝力がアップしたり、風邪をひきにくくなるなどの効果がてんこ盛り。どうして酵素ダイエットはこれらの作用をもたらしてくれるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

不足した酵素を補うための酵素ダイエット

213703

そもそも酵素には数多くの枠割がありますが、その中の最も代表的なものを挙げるとそれは消化と代謝に尽きるでしょう。つまり、口から摂取した食物を各器官で消化して栄養分とカスに分類するのも酵素の役割ですし、そうやって摂取した栄養分を体内に循環させて供給し、なおかつ体内にて生じる老廃物や毒素を適切に排出するのも酵素の役目です。人の体はつまり、この消化と代謝がお互いに車輪のように噛み合って回転することによってうまく機能しあって健康的な状態を維持していくことができるのです。

しかしこの体内の酵素の分泌量には限りがあり、年齢とともにその分量も目減りしていきます。若い頃にはどれだけでも無尽蔵に体力が有り余っていたのに歳を重ねるとだんだん疲れやすくなるのはこのためで、代謝が悪くなってくると抵抗力が落ちて病気になりやすくなったり、内臓の脂肪がうまく分解できずに体内に止まってしまったり、細部の新陳代謝がうまくいかなくなることもあります。

そこで重要となってくるのが外部から酵素を補給するということです。酵素ダイエットにおいて、1日3食の食事の中の1食をのみやすい酵素ドリンクなどに変えてみることで不足しがちだった酵素を過不足なく補充することができて、衰えていた代謝力をうまく引き出し、体のあらゆる部位にとどまった毒素をデトックスによって排出することが可能となるのです。

 

消化よりも代謝へ力点を移すことで効果倍増

%e9%87%8e%e8%8f%9c%e3%81%ae%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

それではなぜ酵素を使ったダイエットが代謝力を高めることにつながるのでしょうか。実は身体の内部にある酵素の多くは日々の消化によって消費されてしまいます。そうやって残った分の酵素が代謝に使用されるわけで、つまり歳を経て酵素の分泌量が少なくなるとついつい食べ過ぎてしまった時などに大切な酵素が不足しがちになってしまい、代謝に回す分量などほんの僅かにとどまってしまうのです。

そこで酵素ダイエットの出番です。例えば一食分の食事を酵素ドリンクなどに置き換えると、消化器官に一食分の仕事量を休ませてあげることが可能となり、その分だけ酵素の使用量が減少します。

これらが自ずと代謝の方へと回されることになるので体の細部へ栄養分が過不足なく補充されるようになりますし、その効果もあって細菌や毒素、さらには脂肪分などのデトックス効果も活性化され不用物が体内にとどまることなくしっかりと排出される状態が出来上がるのです。

このようにして脂肪分の分解によって痩せることができると同時に体内の代謝力も上昇して健康的な体づくりを徹底することができます。また例え一食分を抜いたとはいえ、代わりに摂取する酵素ドリンクは数多くの栄養分を含んでいますので、最初は小腹が空いたような感じがしたとしても、慣れるとかえって健康的な状態を実感できることでしょう。

 

まとめ

572717

このようにして、私たちの体というものは酵素量を心がけるだけでも不健康な状態を大いに健康的な状態へと導くことが可能となります。同じダイエットでもジョギングなどの運動を行っただけでは脂肪分が燃焼して分解されるだけで酵素量を増加させることには繋がらないもの。また単なる食事制限ではお腹が空くばかりでかえって身体に無理を与えてしまいます。

その点、酵素ダイエットは痩せたい人が無理することなく、無理なく毎日の心がけを実践していける効率良い方法です。最近では酵素ドリンクなどもとても飲みやすく美味しいものが取り揃えてあり、さらにサプリメントなども充実しているのでこれらを活用することで自分に合ったダイエット方法を貫き、なおかつ体を健康的な状態に保つことが望ましいでしょう。
ベルタ酵素ドリンク