酵素ダイエットで一番即効性があるのはやっぱり断食?

470917

同窓会や友人の結婚式など多くの人が集まる場所は、新しい出会いも期待できるので、きれいに痩せて自信が持てる姿で参加したいという方は多いのではないでしょうか。ただ期日が決められているので、長い期間をかけて少しずつ痩せていくダイエットでは間に合いません。
そこで、即効性があることで話題になっている断食を取り入れた酵素ダイエットなら、簡単に始められるので短期間の集中ダイエットにピッタリです。でも本当にわずかな日数で、体重が落とせるのでしょうか。

 

プチ断食するなら体の準備が大事

179125

プチ断食は短期間で体重を減らすのに効果的な方法ですが、やり方を間違ってしまうと胃腸にかかる負担が大きくなって、具合が悪くなってしまうケースがあります。体調を崩してしまうと酵素ダイエットどころではなくなるので、快適にダイエットができるように、体の準備を整えておきましょう。
直前まで普通に食べていたのに、ある日を境にぷっつりと食べ物を摂らなくなると、胃腸が荒れてしまうのと同時に、空腹感に耐えられなくなります。酵素ダイエット予定日の3日くらい前から、食事内容を消化の良い食べ物に切り替えて量を少しずつ減らしていくと、酵素ダイエットをした時に胃腸にかかる負担と空腹感が少なくなります。
消化の良い食べ物には、豆腐やおかゆ、うどん、ヨーグルト、バナナなどがあり、体調を崩した時に好んで食べるような食品がおすすめです。食物繊維が多い食べ物は便秘解消には効果がありますが、消化に時間がかかるので、酵素ダイエットの準備期間は控えるようにします。プチ断食中は固形物が食べられなくなるので、代わりに水分をたくさん摂るようにします。コーヒーや紅茶など、カフェインが含まれている飲み物は酵素ドリンクに含まれているミネラルの吸収を低下させてしまうので、なるべく飲まないようにします。もちろん砂糖がたくさん入っている甘い飲み物は、ダイエットの意味がなくなってしまうのでNGです。

 

酵素ダイエット中に気を付けたいこと

ƒvƒŠƒ“ƒg

プチ断食中は、酵素ドリンクと飲み物から必要な栄養を摂取することになります。野菜ジュースやフルーツジュースなど色々な飲み物を揃えておくと、味に飽きることがなくなって空腹感を抑える効果も高まります。
酵素ドリンクは2~3時間おきに飲むようにして、代謝とデトックスを促します。1回あたりの酵素ドリンクの量は300~500ml位が最適で、使用する酵素ドリンクの目安量に合わせて水で薄めて調整しましょう。こうしてこまめに水分を摂っていると、意外とおなかがいっぱいになるので、あまり空腹を感じなくなります。
体質的に代謝が落ちていて毒素がたまっている状態だと、好転反応が強く出るので頭痛や眠気、吐き気などが出ることもあります。酵素ダイエットを続けていくうちに症状は軽くなっていくのですが、あまりにも辛い時は酵素ダイエットを中断して体を休めるようにしましょう。ダイエットを実施する期間ですが、個人で行う酵素ダイエットは、長くても3日間までがおすすめされています。終了後には酵素ダイエットを始める前と同じように、消化の良い食べ物を食べて胃腸を慣らしてから、少しずつ量を増やしていきます。食べる量を元に戻してしまうとリバウンドする可能性が高くなるので、終わった後も食事の量を調整して元に戻らないように気を付けていきます。

 

まとめ

252370

1回の酵素ダイエットにつき1~3キロ減が目指せるので、ダイエットの中では即効性のある方法です。プチ断食をした後は胃が小さくなっているので、普段の食事量を減らすチャンスです。その後の食生活でも1食~2食分を酵素ドリンクに置き換えれば、さらに体重を減らすことも可能になります。
酵素ダイエット中は体調や気持ちが普段とは違ってくるので、リラックスできる環境で実行しましょう。できれば休日の、自由な時間が取れる時に始めることをおすすめします。食べないダイエットというのはツライ感じがしますが、飲み物ばかりでお腹がタプタプになってしまい口がさみしくなった時は、砂糖の入っていないガムを食べると空腹が気にならなくなります。
ベルタ酵素ドリンク